2020年05月08日

5月8日(金)大生病院お楽しみメニュー

令和2年5月8日(金)大生病院お楽しみメニューレストラン

20200508.JPG

・かつおのたたき
・じゃが芋のそぼろ煮
・ご飯
・すまし汁
・デザート(抹茶プリン)

今回のお楽しみメニューでは「かつおのたたき」をご用意いたしました。
かつおは刺身でも美味しく食べられますが、いぶして作る「かつお節」は日本食には欠かせない食品の一つです。
かつお節は独特のうま味と風味で料理の美味しさを際立たせる事から、外国からも高く評価されています。
また、近年かつお節を使った商品(かつお節を混ぜ合せるポテトチップス、かつおせんべい等)も販売されており、広い世代に渡ってより身近に感じられる物となってきています。
色々な形で美味しく食べられるかつおは今が旬です。ぜひお召し上がりください。

(栄)
posted by   at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大生病院

2020年04月28日

4月28日(火)大生病院お楽しみメニュー

令和2年4月28日(火)大生病院お楽しみメニューレストラン

・エビピラフ
・スモークチキンサラダ
・パンプキンスープ
・メロンムース

20200428.JPG

本日のお楽しみメニューは、エビピラフをはじめとした洋食メニューとなっています。
この中で特にお勧めしたいのが、手間ひまかけてじっくりと煮た「パンプキンスープ」です。
南瓜には多くのビタミン等が含まれており、身体を守る機能を高めてくれると言われています。
また、種類も豊富でひょうたん型の「バターナッツ」やごつごつした「白皮砂糖かぼちゃ」といった物もあります。どちらもなめらかな食感と自然の甘味が特徴的な南瓜です。
埼玉県のららぽーと富士見にある「いるマルシェ」では、このような野菜の取扱いもあるそうです。見かけた際は、是非手に取ってみてくださいね。

(栄)
posted by   at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大生病院

2020年04月25日

尚寿会に鯉のぼりが泳いでいます〜

2020年のゴールデンウィーク(GW)も間近ですが、尚寿会では「端午の節句」に向けて恒例の鯉のぼりを揚げています。晴れ
鯉のぼりの起源は、吹き流しだったそうです。吹き流しには全部で五色がありますが、それは古代中国の陰陽五行説に由来しているようです。陰陽と五行との組み合わせで形成される木・火・土・金・水の5種類の元素が、病気や疫病など災いから幼子を守り、無事な成長を願う魔除けの意味です。

1602140203-580x376.jpg

今年は、新型コロナパンチが1日でも早く収束することを願いたいと思います。バッド(下向き矢印)

病院 あさひ病院〜病院 大生病院間
DSC_0059.JPG

病院 大生病院〜ビル 老健愛間
DSC_0057.JPG

ko


posted by   at 08:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より

お気遣い有難うございます!

新型コロナウイルス感染症流行に伴い、マスクや手指消毒用剤などの不足が発生しつつある状況です。
そのような状況下、ご寄付を頂きました。ハートたち(複数ハート)(手作りマスクの作り方も同封されておりました)
このような温かいご支援をいただき、心より感謝申し上げます。バッド(下向き矢印)

DSC_0053.JPG

ko




posted by   at 07:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より

2020年04月24日

4月24日(金)大生病院お楽しみメニュー

令和2年4月24日(金)大生病院お楽しみメニューレストラン

・グリンピースご飯
・炊き合わせ
・小松菜の和え物
・清汁(湯葉、あさつき)
・黒糖ムース

20200424.JPG

本日のお楽しみメニューでは「グリンピースご飯」をご用意いたしました。
グリンピースは「えんどう豆」の一種で、同じ仲間には絹サヤやスナップえんどうがあります。
どれも料理に彩りを添える春の食材です。
本日は旬の今しか出回らない「生のグリーンピースを」使用しています。
春の香りが特徴的なご飯となっておりますので、お楽しみいただけたら幸いです。

(栄)
posted by   at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大生病院

2020年04月23日

≪愛≫手紙を出しました

新型コロナウイルスの感染症拡大予防により3月2日より面会が中止となっていますひらめき
期間も長くなり、先の見通しがわからない状態・・・あせあせ(飛び散る汗)
ご家族様との面会がなくなり、ご利用者様も不安がつのりますもうやだ〜(悲しい顔)

少しでも不安が解消されればと思い、ご家族様宛てに手紙を書きましたメール
もちろん携帯電話やメールなどでやりとりされている方もいますphone to

下書きをされている方、なかなか書くことがまとまらない方・・・ー(長音記号1)ペン
それぞれに思いを込めましたわーい(嬉しい顔)るんるん

IMG_0177.JPG  IMG_0180.JPG

書き終えた方から随時投函していきます郵便局
1日も早く平穏な日が来ますようにexclamation×2

N/A
posted by   at 09:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 老健 愛

2020年04月13日

4月13日大生病院お楽しみメニュー

令和2年4月13日大生病院お楽しみメニュー喫茶店
・ほたてご飯
・筑前煮
・菜の花の浸し
・清汁(手まり麩・小ネギ)
・練りきり

20200414.JPG

本日のお楽しみメニューは、ほたてご飯をご用意いたしました。
ほたては「うま味」成分を豊富に含んでおり、料理を味わい深くするという特徴があります。
また、たんぱく質が多く低エネルギーである事からダイエットの強い味方でもあるのです。
今回のようなご飯だけでなく、ソテーやフライ等の料理にも相性抜群の食材です。
是非、普段の料理に取り入れてみてください。

(栄)
posted by   at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大生病院

2020年04月09日

4月9日(木)大生病院お楽しみメニュー

令和2年4月9日(木)大生病院お楽しみメニューファーストフード

桜寿し
鶏肉の照り焼き
菜の花のお浸し
若竹汁
甘酒

20200409.JPG

本日のお楽しみメニューは桜寿司と鶏肉の照焼きを提供させていただきます。
鶏肉には有名な種類として、愛知の名古屋コーチン・鹿児島の薩摩鶏・秋田の比内鶏・徳島の阿波尾鶏等の「地鶏」があります。
これらの地鶏は通常の鶏肉と比べると、コクや歯ごたえに特徴があり、
いつもと少し違う美味しさを味わう事が出来ます。
また、鶏肉は和・洋・中など、どのようなジャンルにも合い易い為、
料理に取り入れやすい食材です。
しっかりと食事を摂って、元気を保ちましょう!

(栄)
posted by   at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大生病院

2020年04月06日

《あさひ》お花見弁当

4月3日(金)あさひ病院デイケアのお昼はお花見弁当が振る舞われました勝ち誇りきらきら

3D8331FF-49B0-4B2B-BACE-557A8472663C.jpeg

お弁当のメニュー弁当きらきら
・竹の子ごはん    ・ハンバーグ
・さんまフライ     ・五目卵焼き
・春菊の和え物    ・カブの煮物
・メロン         ・和菓子


2BCBD289-2772-4852-921A-A239B5BCE97F.jpeg C1763A70-F4D0-4025-A2AE-063C87B35FE2.jpeg

準備が整うにつれて、早く、いただきます!!がしたい、ご利用者様泣き笑いお弁当の蓋をオープンきらきらきらきらきらきらますます、待ち切れず 笑笑♪ 用意してくれた担当職員のあいさつがかき消される程のザワつきと興奮でした勝ち誇りメロディ

99E2C1CD-04CC-4CF9-997A-CB8873C44721.png 7AF2B333-62BD-4D04-A4A3-D1BEC01665F2.png

AA199BDC-8ACF-496D-A270-5317FCB0F1C9.png F132523E-A430-49E4-8E4C-1C3DCD84FFD9.png

彩り綺麗で優しい味のお花見弁当花見(さくら)きらきらこのいっぱいのメニューと量でも、皆さんしっかりと完食されていました!!!️外の桜はまだまだ綺麗に咲いておりました顔1(うれしいカオ)光るハート

70AF7C7D-A464-4ABC-914B-D10CE2710BB5.jpeg






posted by   at 16:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | あさひ病院

2020年04月03日

2020年度報告会

尚寿会の施設で働きながら看護師の免許を取得された方が15名おります。
ぴかぴか(新しい)4月1日に頑張って看護師になられた方の報告会がありました。
ハートたち(複数ハート)理事長をはじめ管理者から、「頑張ったね」「おめでとう」「これから宜しくね」との気持ちでお言葉を頂きました。

DSC_0059.JPG

DSC_0070.JPG

DSC_0072.JPG

ko
posted by   at 08:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より