2019年07月01日

阿波踊り いきいき連!


8794016E-8EF4-4601-880A-CFCA8B924553.jpeg


夏本番!!!今年もヤットサー!始動します!!!

近づく夏の本番に向け、連員一同日々の練習が始まりました!!!
新しい連員達が加わり、今年も更にパワーアップしたいきいき連きらきら
近隣の皆様・法人の患者様・ご利用者様にお披露目出来る日を心待ちにしております。たくさんのご声援をよろしくお願いいたします!



【活動予定】※都合により変更あり

7/20(土) 西武フラワーヒル夏祭り
7/26(金) 尚寿会グループ納涼祭(職員、家族のみ)
7/27(土) 若葉台自治会夏祭り
8/4 (日) 入間川七夕祭り
8/24(土) 郊外マンション自治会祭り
8/27(火) 大生病院 イブニングレク
8/28(水) あさひ病院 病棟レク
9/7(土) 愛 夏祭り
9/17(火) 福寿の里 敬老会
10/13(日)入曽の里祭り


486D2430-C8CD-4C40-B7EC-5ABEE6C0B851.jpeg











posted by   at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より

2019年06月24日

7月1日より尚寿会シャトルバス時刻表が更新されます。

 尚寿会としては、狭山市役所の高齢者外出支援事業に協力致しております。
この事業は、病院が運行している送迎バスの空席を活用し、市内の交通空白地域から最寄りの公共交通機関等への移動の支援を行うとともに、高齢者が気軽に買い物や通院等の外出ができる交通手段を確保することを目的として実施するもので、2019年7月1日(月)より尚寿会シャトルバスを活用し実証運行を実施します。
 それに伴い、シャトルバス時刻表の内容を更新しました。

 450-2012011323060760119s.jpg★シャトルバス時刻表 ⇒ ★シャトルバス時刻表(最新版R1.7〜).pdf

● 利用対象者(次のいずれにも該当する方)
 ア. 狭山市内に在住している方
 イ. 満70歳以上の方
 ウ. 送迎バスに一人で乗り降りができる方
 エ. 利用申請書兼同意書に記載の同意事項に同意した方
 オ. 送迎バス利用パスカードの交付を受けた方
 ※今まで通り尚寿会施設をご利用の方も乗車出来ます。

● 利用の申請及び利用開始日
 本事業の利用を希望する方は、事前に交通防犯課に申請していただきます。
 申請の受付は、6月17日(月曜日)から始めていますが、送迎バスの利用開始は7月1日(月曜日)からとなります。 同日以降、申請は随時受付けします。
 ※申請受付時間は、月曜日から金曜日までの午前9時から午後5時までです。

● 実証運行の実施
 実際の利用者とニーズ、運用上の問題点等を把握し、本格実施への移行が可能かどうかを含め、検証・評価するため、7月1日(月曜日)から3箇月程度の期間、実証運行を実施します。

● 利用料金(運賃)
 高齢者外出支援事業の利用料金は、無料です。

(KO)
posted by   at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より

2019年06月20日

6月20日(木)6月尚寿会ネットワーク勉強会開催

2019年6月20日(木)に6月の尚寿会ネットワーク勉強会を行いました。
今回の勉強会のテーマは「地域医療における薬剤師の役割〜過去と未来 医療の変化と共に〜」です。
発表者は、大生病院薬剤科 老年薬学認定薬剤師 春木秀章です。
●薬剤師はなぜ生まれたの? ●求められる医療の変化●薬剤師による地域医療とは何か について解りやすく発表していただきました。
いつも尚寿会ネットワーク勉強会にお越しいただき、ありがとうございます。

           1Image-10.jpg

2Image-9.jpg 3Image-6.jpg 

Image-2.jpg 4Image-7.jpg

ぴかぴか(新しい)老年薬学認定薬剤師(日本老年薬学会公認)とは?
高齢者が増加し、地域包括ケアシステムが推進される中、薬剤師も在宅医療を担う一員として活躍することが求められています。老年症候群の主要な症状(誤嚥、転倒、せん妄、認知症、排尿障害、寝たきり、褥瘡など)を有する患者への薬学的管理・指導をすることや、多剤処方や重複投薬・相互作用等、薬物関連問題を抑制するために処方の見直しに関して医師に提言すること、チーム医療の中で提案や調整を行うことなどの求めに対応する薬剤師です。
(KO)
posted by   at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より

2019年05月31日

2019年5月尚寿会ネッワーク勉強会(あさひ病院認知症疾患医療センター医療連携協議会)

5月31日(金)に令和最初の尚寿会ネッワーク勉強会を行いました。ぴかぴか(新しい)
尚寿会ネットワーク勉強会は、平成28年8月から地域に向けた情報発信の一環として継続的に開催し、今年4月までに計28回、参加者延べ人数が1,500人を数える規模の地域連携会として成長してきました。これもひとえに皆さんのお陰と感謝しております。
これからも、皆さんがお越しいただけるような様々な企画をご用意致しますので、ご来場をお待ちしております。
今回の勉強会は、あさひ病院認知症疾患医療センターの医療連携協議会を兼ねて開催しました。認知症疾患医療連携協議会は、関係職種の皆様と認知症に関する情報共有をする事、地域の認知症に関する支援体制の推進を目的としています。
53施設94名の方にご参加いただき、あさひ病院会議室で行われた勉強会では過去最高の出席者数でした。
ありがとございました。

【発表内容/発表者】
『認知症の看護〜生活環境を考える〜』 あさひ病院 認知症認定看護師 西村 由美子

【閉会の挨拶】
あさひ病院認知症疾患医療センター センター長 新 弘一 

【司会進行】
あさひ病院 地域連携情報管理室 矢部
 大生病院 地域連携情報管理室 大畑

9960032329817.jpg IMG_4409.JPG

IMG_4410.JPG IMG_4413.JPG
ko
posted by   at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より

2019年05月17日

5月17日シェフのおもてなしランチ

5月17日に大生病院の通所リハビリで18回目となる
シェフのおもてなしランチを実施いたしました。

今回の料理のコンセプトは「新緑の和風御膳」です。

 ・茶そば
 ・2種のつけ汁
 ・豚ばら肉とかぶの煮物
 ・ロールレタス
 ・うどのきんぴら
 ・和風サラダ
 ・牛乳寒ゼリー〜抹茶ソース添え〜

IMG_1493.JPG

鮮やかな緑色をした木々や若葉が春から夏に向け成長している、
そんな生命の力強さをこの料理で感じてただけたら嬉しいです。右斜め下

IMG_1460.JPG IMG_1462.JPG 

IMG_1467.JPG IMG_1478.JPG

IMG_1471.JPG IMG_1479.JPG

IMG_1497.JPG IMG_1502.JPG

(栄)
posted by   at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より

2019年04月19日

2019年4月尚寿会ネットワーク勉強会

2019年4月19日(金)に4月の尚寿会ネットワーク勉強会を行いました。
今回の勉強会のテーマは「大生病院におけるうつ病リワーク(復職支援)について」です。
発表者は、大生病院リハビリテーション科 係長・作業療法士 成瀬 和人、作業療法士 結城 京子
域連携情報管理室 精神保健福祉士 小泓 由実です。
うつ病を含む『気分障害』の患者数は約104万人を超えています。うつ病の再発率は約60%で、再発することでさらに再発率が高まるといわれています。これらの事から、休職療養後、復職しても再発によって再休職を余儀なくされる方がいます。
復職を希望される皆様にとって、リワークが再発・再休職の予防の手助けになれればと思います。
平成最後の尚寿会ネットワーク勉強会に沢山の方々がお越しいただき、ありがとうございました。バッド(下向き矢印)

Image-1.jpg Image-4.jpg

Image-5.jpg Image-3.jpg

次回イベント開催です。
2019年5月31日(金) 16:00〜17:00(受付 15:30〜)
場 所:医療法人尚寿会 あさひ病院 会議室
発表デーマ:「認知症の看護〜生活環境を考える〜」
発表者  :あさひ病院 認知症認定看護師 西村 由美子
ハートたち(複数ハート)多数の参加をお待ちしております。
ko
posted by   at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より

2019年03月15日

2019年3月尚寿会ネットワーク勉強会(特別講演)

イベント2019年3月15日(金)に尚寿会ネットワーク勉強会の特別講演を行いました。
今回の勉強会は、特別養護老人ホール『福寿の里』併設の地域交流スペース「ひこばえホールで開催致しました。
演題:「1%の科学と99%の想いやり〜在宅医療の現場から〜」
講師:社会福祉法人 埼玉医療福祉会 丸木記念福祉メディカルセンター病院長補佐 兼 在宅療養支援診療所 HAPPINESS館クリニック管理者 齋木 実先生
ご自宅で自然に穏やかな死を迎えるための準備として、在宅医療について知り、周囲がどのように患者様やご家族に寄り添えるかというお話でした。
沢山の地域マネージメンターの皆様がお越しいただき、笑いあり感動ありと齋木先生のお話を最後まで熱心に聞いておられました。
お忙しい中、沢山の方々がお越しいただき、本当にありがとうございました。
講師の齋木先生ににおかれましては、お忙しい中で登壇をしていただき、お礼を申し上げます。

特別養護老人ホーム 福寿の里 関口施設長からの開会の挨拶です。
2IMG_4345.JPG

医療法人尚寿会理事長・大生病院院長 寳積 英彦先生が座長を致しました。
3IMG_4347.JPG

2IMG_4345のコピー.jpg 2IMG_43452.jpg

IMG_4350s.jpg IMG_4351s.jpg

ko
posted by   at 11:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より

2019年03月12日

狭山市で第1号『あいサポート企業・団体』認定

 尚寿会・尚栄会では、『あいサポート運動』を推進し、積極的に活動を行っています。
 『あいサポート運動』とは、障害のある方が困っていることなどを理解して、障害のある方に対してちょっとした手助けや配慮を実践する『あいサポーター』を増やすことにより、障害のある方が暮らしやすい共生社会を皆さんと一緒につくっていく運動です。
 尚寿会・尚栄会は『あいサポート運動』の趣旨を理解して職員研修などに取り入れるなど、『あいサポート運動』の普及に取り組んでいる企業です。
 この取り組みが認められ、平成31年3月1日に狭山市で第1号の『あいサポート企業・団体』の認定をいただき、
平成31年3月12日狭山市長から企業認定書が授与されました。

1CIMG6871-thumbnail2.jpg main3.bmp

【サポーター宣言】
 ・わたしたちは、多様な障がいの特性を理解し、お互いが分かり合えるように努めます。
 ・わたしたちは、日常生活で障がいのある方が困っている場面を見かけたら声をかけ、手助けを行います。
 ・わたしたちは、あいサポートバッジを身につけ、気軽に声をかけやすい環境をつくります。
 ・わたしたちは、「あいサポート」の仲間の輪を広げ、共に生きるよろこびを伝えます。

3CIMG6851.JPG 4CIMG6852.JPG

5CIMG6854.JPG 6CIMG6860.JPG

7CIMG6865.JPG main3.bmp
ko
posted by   at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より

2019年02月20日

2019年2月尚寿会ネットワーク勉強会

2019年2月20日(水)に尚寿会ネットワーク勉強会を行いました。
今回の勉強会は、株式会社東基 介護福祉部の福田様にお越しいただき、「福祉用具貸与価格の上限について」のお話とレンタル品の体験会をしました。
平成30年10月から福祉用具貸与での全国平均価格の説明と貸与価格の上限制が始まりました。貸与価格を「見える化」することで、利用者が適切な価格で福祉用具を借りられるようにする仕組みですが、将来的に事業者が適正な利益を確保できなくなるおそれや、サービスの質の低下を招くことが懸念されているとの説明でした。
今年も皆様のお役に立てる情報を発信していきたいと思っています。ぴかぴか(新しい)多くの皆様のご来場をお待ちしております。

IMG_4263.JPG

次回3月15日(水)の尚寿会ネットワーク勉強会の特別講演は、「1%の科学と99%の想いやり〜在宅医療の現場から〜」です。 丸木記念福祉メディカルセンター齊木 実先生がご登壇します。
ご自宅で自然に穏やかな死を迎えるための準備として、在宅医療について知り、周囲がどのように患者様やご家族に寄り添えるかというお話ですハート(トランプ)
会場は、特別養護老人ホーム 福寿の里内ひこばえホール(300人収容)です。
未だ、お席に余裕がございます、皆様のご参加をお待ちいたしております。
ko

posted by   at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より

2019年01月17日

大生病院 お楽しみメニュー

レストラン1月17日(木)大生病院お楽しみメニュー

・エビピラフ
・スモークサーモンマリネ
・ミネストローネ
・フルーツ

20190117.JPG


1月17日(木)大生病院お楽しみメニューにてエビピラフをご用意しました。
エビは大小様々なサイズが世界中に生息し、そのほとんどが食用で料理やスナック菓子などに幅広く利用されています。しかしその一方で、食物アレルギーを起こしやすい食品の一つに指定されています。エビアレルギーのある方は必ず表示の確認をしてください。
特に免疫力が低下している場合は風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなったり、アレルギー症状を起こしやすくなったりします。
まだまだ寒さは続きます。体調管理をしっかりしていきましょう。

※栄養成分のベタインはコレステロール値、血糖値を下げ、糖尿病予防に有効と言われています。
 エビと野菜と組み合わせて、上手に栄養素を取り入れましょう。
(栄)
posted by   at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より

2019年01月11日

お楽しみメニュー

レストラン1月11日(金)大生病院お楽しみメニュー

・親子丼
・白菜と菜の花の浸し
・具だくさん汁
・白玉ぜんざい

20190111.JPG


1月11日(金)大生病院お楽しみメニューにて親子丼を実施しました。
親子丼の起源は不明ですが、明治時代には食べられていたのが文献にて確認できています。
全国各地で様々な具材、様々な味付けで提供されてきたようです。
今日は鏡開きです。
鏡開きは江戸時代の初期に武家の間で広まっていきました。その際、年神様にお供えしていたお餅を包丁などの刃物で切るのは切腹を連想するので縁起が悪いとされ、木槌や手で割る様にしたようです。割るという言葉も同じく縁起が悪いので、末広がりを意味する「開く」という表現にし「鏡開き」と言われるようになりました。
鏡開きは飾っていた鏡餅を食べることが重要ですので、ぜひお雑煮やお汁粉にして召し上がってみてください。
(栄)
posted by   at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より

2019年01月04日

2019年頭のご挨拶

ぴかぴか(新しい)明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
元旦から晴天晴れ晴れに恵まれ総合リハビリセンターから見える富士山を眺めながら、理事長の年頭挨拶で今年も仕事始めがスタートしました。
2019年という年は平成という時代が終わり、新たな年号が始まります。
本年は、4月働き方改革の施行、5月今上天皇が退位され、皇太子さまが新天皇に即位されることによる年号変更・祝日10連休、7月参議院議員通常選挙、10月消費税10%に引き上げが行われ慌ただしい一年が予想されます。また、医療介護業界では、少子高齢化、医療費抑制などによって、近年はさらに病院の経営は厳しさを増してきます。
このような中、理事長の年頭の挨拶で職員に向けて尚寿会グループ方向性を示していただきました。
ほんの少しでも魅力のない組織・企業・法人は確実に衰退します、当法人の存在価値を更に職員一人ひとりが認識しなければなりません。
今年私達の使命は正しい慢性期医療を提供することです。超急性期から在宅までの循環の中で当法人がしめる慢性期医療は重要です。当法人が地域医療・介護・福祉の基盤であると自信と誇りをもって働いていきましょう。
理事長を筆頭に尚寿会グループは、職員全員が同じ目的に向かって努力し躍進してまいる所存です。
地域の皆さま、関係機関の皆さま宜しくお願い申し上げます。

IMG_4205.JPG

IMG_4202のコピー.jpg

IMG_4198.JPG

          IMG_42011.jpg

IMG_4192.JPG
ko
posted by   at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より

2018年12月14日

平成30年尚寿会グループ忘年会

平成30年12月14日(金)川越プリンスホテルにて尚寿会法人忘年会を開催しました。理事長挨拶から始まり、尚寿会学術集会の優秀賞の発表がありました。お笑い芸人も来ていただきまして会場を盛り上げてもらいました。そして抽選大会等の盛りだくさんのイベントで今年も尚寿会忘年会を締めくくりました
参加した職員の皆さん、忘年会実行委員の皆さん、お疲れ様でした!

      1−2yjimage.jpg

《寳積理事長の挨拶》
      1IMG_4161.JPG 2IMG_4162.jpg

《尚寿会学術集会優秀賞者の表彰》

【口頭演題部門】
★最優秀賞 地域医療を考えた薬剤師業務の変化 大生病院薬剤科 春木秀章
★優秀賞  ご近所型介護予防(狭山市)の実際と結果 大生水野クリニックリハビリテーション科 吉川貴矩
      〜知って欲しい!地域への尚寿会・尚栄会の関わり〜
【ポスター部門】
★最優秀賞 K・K・B15〜過活動膀胱(KKB)の改善に15人が挑戦〜 ペンタの会

IMG_4164.JPG 4IMG_4166.JPG

5IMG_4168.JPG 6IMG_4169.JPG

7IMG_4172.JPG 8IMG_4174.JPG

《会場の風景》
9CIMG1033.JPG 10CIMG1034.JPG

《お笑い芸人 長井秀和さんと鼠先輩ショー》
10IMG_4180.JPG 11IMG_4181.JPG

13IMG_4190.JPG         14IMG_4193.JPG

《抽選大会》
15CIMG1012.JPG 16CIMG1016.JPG

17CIMG1020.JPG 18CIMG1017.JPG

19CIMG1023.JPG 20CIMG1027.JPG

21CIMG1030.JPG 22CIMG1035.JPG

22CIMG1035.JPG 23CIMG1038.JPG 

《閉会の挨拶》
24IMG_4179.JPG 25.JPG
ko
posted by   at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より

2018年12月11日

大生病院お楽しみメニュー

12月11日(火)大生病院お楽しみメニュー

・天丼
・三色生酢
・清汁(麩・三つ葉)
・デザート(だいだいのムース)

20181211.JPG

今日は「天丼」を大生病院お楽しみメニューにて実施いたしました。
天丼の起源にはいろいろな説がありますが、江戸時代末期から明治時代に誕生したと考えられています。比較的安価で食べられるため、古くから親しまれてきました。
伝統的な江戸前天丼は、揚げたての天ぷらを煮立てた丼つゆにくぐらせてご飯に乗せますが、今日は一般的なご飯に天ぷらを乗せて丼つゆを回しかけるスタイルの天丼をご用意しました。
具材はエビ2本、ピーマン、しいたけです。
まだまだ寒い日が続きます。3食しっかり食べて、生活リズムを整えましょう。

※エビが2本の天丼は蕎麦屋の天丼風です。蕎麦屋の天丼は、天ぷらそばと同じでエビを2本乗せるのが通例だそうです。
(栄)
posted by   at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より

2018年11月22日

2018年11月尚寿会ネットワーク勉強会

2018年11月22日(木)に尚寿会ネットワーク勉強会を行いました。
今回の勉強会のテーマは、「画像診断を身近なものに」発表者は、大生病院 放射線診断科 技師長 山本 拓です。
山本技師長から画像診断装置や症例画像を分かり易く説明していただきました。また、大生病院放射線診断科では狭山画像診断センターとして高度医療機器(MRI・CT)を広くご利用していただくため、他医療機関から検査依頼(オープン検査)を推奨しております。
画像診断でお困りのことがございましたら、狭山画像診断センターへご連絡下さい。
本日は、今年最後の勉強会となります。1年間、沢山の方々がお越しいただきあがとうこざいました。

8898961572311.jpg

12月と来年1月の尚寿会ネットワーク勉強会はお休みとさせていただきます。
次回の発表は、来年の2月「福祉用具について」を予定しております。
来年3月尚寿会ネットワーク勉強会の特別講演は、丸木記念福祉メディカルセンターの齊木実先生が登壇致します。講演テーマは、 「1%の科学と99%の想いやり〜在宅医療の現場から〜」です。会場は、特別養護老人ホーム内ひこばえホール(300人収容)です。講演日が近づきましたら、随時ご案内を致します。宜しくお願い致します。
ko
posted by   at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より

2018年11月17日

第8回学術集会 初志 おもいをひとつに

1IMG_3617.JPG 2DJI_0206.JPG
3IMG_3596.JPG 4IMG_4439.JPG
11月19日(土)社会福祉法人尚栄会 特別養護老人ホーム福寿の里 ひこばえホールにて、第8回となります尚寿会Corporate Group学術集会が開催されました。

5IMG_4487.JPG 6IMG_4622.JPG
当日は晴天に恵まれ大勢の参加者が集まり、ほぼ満席で埋めつくされました。

7IMG_4514.JPG 6IMG_4503.JPG
寳積理事長の開会の言葉と共に講演前半の部が開始しました。

9IMG_4518.JPG 10IMG_4521.JPG
演題テーマ「信頼と愛とで築く地域医療」です。学術集会に向け、法人理念に対してあなたの部署ではどのような活動を行っていますか?のアンケートを実施しました。取り組めているが95%の回答でした。尚寿会全部署で様々な行動や取り組みを行っています。
一般演題の座長です。(大生病院看護科 小林美奈子、あさひ病院看護科 西澤円、福寿の里 岩澤 元博、大生病院栄養科 金子美沙子、大生水野クリニック医事課 片山麻子、施設メンテナンス課 橋本義典)

10IMG_4525.JPG 11IMG_4532.JPG
12IMG_4541.JPG 13IMG_4557.JPG 
14IMG_4562.JPG 15IMG_4531.JPG     
【前半の部】
@軽度認知症者の作業療法効果の検証〜外来作業療法 いきいきクラブを通して〜 
                  あさひ病院認知症疾患医療センターリハビリテーション科 池田桃子
A地域医療を考えた薬剤師業務の変化 大生病院薬剤科 春木秀章
B多種職との情報共有による接遇向上を考える〜よりよい施設づくりを目指して〜 介護老人保健施設 愛 菅原里佳
C大生病院精神科 昔と今、そしてこれから 大生病院A1病棟 中谷紀子
Dリハビリ・スタジオ 碧〜あおい〜の取り組み 大生病院リハビリテーション科 小谷野尚美

16IMG_4570.JPG 17IMG_4577.JPG
18IMG_4588.JPG 19IMG_4596.JPG
20IMG_4601.JPG 21IMG_4610.JPG
22IMG_4565.JPG          マーク2.jpg
【後半の部】
E尚寿会グループ主任コミュニティの活動報告とこれから〜すべてはハピネスのために〜 
                              尚寿会グループ主任コミュニティメンバー
F統合失調症利用者に対する訪問サービスの利点と今後の展開〜社会復帰まで症状が回復した一例を通して〜
                         在宅サポート21狭山訪問看護ステーション 齊藤浩希
G望まれるサービス付き高齢者向け住宅とは
     〜利用者が望む医療機関が運営するサービス付き高齢者住宅のあり方とは〜
                           サービス付き高齢者住宅 わが家入曽 榎本雅一
Hご近所型介護予防の実際と結果報告〜知って欲しい!地域への尚寿・尚栄会の関わり〜
                         大生水野クリニックリハビリテーション科 吉川貴矩
I看護介護研究発表テーマから導く看護科の「初診」 大生病院看護科 草野牧子

23IMG_4613.JPG 24IMG_4614.JPG
【特別講演】
@あんなこといいな、できたらいいな 大生病院診療部 副部長 山根忍
A地域の皆様と共にこの地で生きていくことの意味〜社会福祉法人尚栄会 法人理念に込めた想い〜
                            特別養護老人ホーム福寿の里 施設長 関口歩

25IMG_4535.JPG 26IMG_4547.JPG
27IMG_4553.JPG 28IMG_4581.JPG
29IMG_4608.JPG 30IMG_4625.JPG
質疑応答では、沢山の意見交換が行われました。
最後に学術集会評議委員会 会長 清水慧より閉会の言葉がありました。
皆さんご苦労様でした!
ko
posted by   at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より

2018年10月20日

「テルモ株式会社 松村 啓史先生登壇」看護介護講演会

平成30年10月20日(土)晴れにテルモ株式会社 松村 啓史先生をお迎えして、講演会を開催致しました。
講演内容は、「中堅職員のための頭と心のリフレッシュ講座」です。
松村先生は、お話を聴くと「仕事が楽しくなる」「元気が出る」全国の看護師さんあこがれの方です。
特別養護老人ホーム「福寿の里」ひこばえホールに、尚寿会の職員や近隣の医療機関等の様々な職種の方々にお越しいただき、講演を聞きました。松村先生の引き出しの多いテンポあるお話に全員が引き込まれ、終始笑いに満ちた内容と一変して感動の涙ありと貴重な時間となりました。
元気とやる気をいただいた松村先生との出会いに感謝いたします。ぴかぴか(新しい)
ありがとうございました。

IMG_4084.JPG IMG_4085.JPG
IMG_4086.JPG IMG_4088.JPG
IMG_4089.JPG IMG_4090.JPG

ko
posted by   at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より

2018年10月10日

第36回自衛消防隊屋内消火栓操法大会

第36回自衛消防隊屋内消火栓操法大会が行われ、尚寿会から3チーム出場しました。

日時:平成30年10月10日(水)13:00~16:30
会場:飯能日高消防署屋内訓練場

 自衛消防隊屋内消火栓操法は、火災発生時に建物内に設置されている屋内消火栓を有効に活用できるように操作員が日頃から器具の取扱いを体得するため操作方法を定め、初期消火訓練から消火活動訓練への移行等、実情に即した技術を熟読するとともに、自衛消防活動を推進し、もって火災防ぎょの万全を期すことを目的としています。

【出場者】
  大生病院:鈴木崇弘(リハビリ科)・牛窪和哉(人事課)・田中慶太(4西病棟)
  あさひ病院:関口博(2東病棟)・高橋直樹(リハビリ科)・高久貴代乃(栄養科)
  老健 愛:岡谷太郎(通所リハビリ)・野田秀樹(リハビリ科)・小俣孝平(栄養科)

 各チームとも、頑張りましたパンチ

1IMG_4415.JPG IMG_4412.JPG
IMG_4416.JPG IMG_4419.JPG
IMG_4423.JPG IMG_4424.JPG
IMG_4427.JPG IMG_4428.JPG
IMG_4430.JPG IMG_4431.JPG
IMG_4432.JPG IMG_4433.JPG
IMG_4434.JPG IMG_4435.JPG

ko
posted by   at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より

2018年10月07日

いりその里秋まつり

10月7日(日)いりその里秋まつりが行われ、尚寿会から阿波踊り”いきいき連”が演舞を披露しました。また、埼玉石心会病院と共に健康コーナーで血管年齢測定や血圧測定、看護師による健康相談を行いました。
尚寿会は、入曽地区を中心に地域医療・介護を展開しています。近隣住民の皆様のため貢献できたことを嬉しく思っています。

1.JPG 2.JPG
3.JPG 4.JPG
5.JPG 6.JPG
7.JPG 8.JPG
9.JPG 10.JPG
11.JPG 12.JPG
13.JPG 14.JPG
ko
posted by   at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より

2018年10月02日

RUN伴に参加しました!

9月23日(日)、今年も尚寿会がRUN伴2018に参加しました!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

★RUN伴とは・・・?
認知症の方や家族、支援者、一般の方がリレー(マラソン)をしながら
一つのタスキをつなぎゴールを目指すイベントです。
認知症の方と一緒に、誰もが暮らしやすい地域を創ることが目的とされている全国的なイベントです。

そんなRUN伴に、総勢34名の尚寿会スタッフが参加し、タスキを繋ぎました!ぴかぴか(新しい)
IMG_0936.JPG

尚寿会スタッフは“所沢ルート”を担当し
スタート地点のあさひ病院を出発して、タスキを繋ぎながらゴールの航空公園を目指しました。
ランナーは、年齢も運動の得意・不得意もさまざまでしたが
地域の方々の応援に元気をもらい、無事全員が笑顔でゴールすることができました!

IMG_0943.JPG

走るだけではありません。
RUN伴の実行委員として尚寿会スタッフが参加しており、
開催までの準備や当日の運営・サポートを担当しておりました!

参加者の皆さん、運営スタッフ、応援してくださった地域の方々・・・
多くの方々の支えがあって、ゴールすることができたと思います。

皆さまと絆を深めることができたRUN伴でした晴れ


いっしー
posted by   at 09:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より