2016年06月30日

認知症医療連携協議会

あさひ病院認知症疾患医療センターでは、埼玉県西部医療圏域内で認知症に関する地域の医療連携と調整機能を担当しています。増え続ける認知症の患者さまが住み慣れた地域で安心して生活を継続していくためには、数量的に限られている医療・看護・介護・福祉が個々に支援をしているのではなく、相互に切れ目無い医療on看護on介護が提供されなければなりません。

センターでは認知症医療連携協議会を年2回開催し、研修会や症例報告検討会などの情報共有の場を作り、また「(顔のわーい(嬉しい顔))見える連携」を通じて、地域全体の認知症対応力向上を目指しております。

6月27日に平成28年度第1回協議会をシンポジウム形式で開催しました。シンポジウムに先立ち、当院精神科科長の田中医師から高齢者の精神疾患について講演ペンを行いました。続いて連携医療機関の所沢慈光病院と入間市福祉部高齢者福祉課をシンポジストに招き、『緊急性』のテーマにお話しいただきました。会場からも、立場の違いによる緊急性の異なる捉え方の意見も出て、なるほどひらめきといった気づきもありました☆
DSC03018-1.jpg
DSC03039-1.jpg
(なる)

2016年06月06日

認知症サポーター養成講座のご案内

先日、こちらのブログでご案内しました
『認知症サポーター養成講座』
の講座の概要が決定しましたので、お知らせいたしますexclamation

7月26日(火)15:00〜16:00 
場所は、あさひ病院内の会議室です病院
定員は50名で、先着順の受付となりますダッシュ(走り出すさま)
お電話電話かあさひ病院の受付で直接お申込ください。

お申込みは、6月20日(月)から受付開始いたします。

是非この機会に受講して、ぴかぴか(新しい)認知症を学び正しい理解をして、認知症の方とご家族をあたたかく見守る応援者である認知症サポーターぴかぴか(新しい)になりましょー手(グー)exclamation×2

お問い合わせ・お申込先
あさひ病院 認知症疾患医療センター 電話04-2957-1010
担当;矢部・内田

↓画像をクリックで別ウィンドーで拡大表示します。
0001.jpg
昨年の講座の様子です。。。
DSC01809.JPG

(なる)

2016年05月26日

【予告です!】認知症サポーター養成講座

認知症を学び正しい理解をして、認知症の方とご家族をあたたかく見守る応援者である『認知症サポーター』。
昨秋にあさひ病院で養成講座を開催した際には、沢山の受講者をお迎えしましたわーい(嬉しい顔)

講座の後に「次回の講座に、ぜひ受講したい」
「認知症サポーターってどうすればなれるの?」
、、、、、、、といったお問い合わせをいただきました。

そんなご要望を受けて、7月26日(火)に『認知症サポーター養成講座』を開講いたしますexclamation×2
会場はあさひ病院。ご面会や受診のついでにわーい(嬉しい顔)・・・なんてことも可能な、身近な場所での開催です。

時間等の詳細が決まりましたら、改めてご案内をいたしまするんるん

写真 2015-10-14 11 47 37.jpg
↑認知症サポーターの証である「オレンジリング」です。
修了者に贈呈いたします手(チョキ)
(なる)

2016年05月20日

健康塾講演(2回目)

4月22日に石心会健康塾において、病棟看護師・デイケア作業療法士・リハビリ作業療法士・認知症疾患医療センター専従相談員が認知症についての講演を行いましたが、来る5月30日と31日に同じ内容で2回目の講演をいたしますペン

大勢の皆様にご来場いただきました前回では、講演後の相談会にも多くのご相談が寄せられましたぴかぴか(新しい)。ご相談者の皆様からの質問に、専門職スタッフは的確・親身な立場でのアドバイスを心掛けておりますわーい(嬉しい顔)

次回もお申込み不要・ご参加無料です。ただ、両日で会場が異なりますのでご注意かわいいください。

★石心会健康塾
◎5月30日(月)14:30〜15:30
会場:狭山市産業労働センター2階「異業種交流スペース」
第1回『超高齢化社会!特別な病気ではない認知症』
@「認知症ってどんな病気?」
 あさひ病院認知症治療病棟 佐藤主任(認知症看護認定看護師)
A「知りたい!認知症予防」
 あさひ病院デイケアセンター 角田センター長(作業療法士)

◎5月31日(火)14:30〜15:30
会場:入間市市民会館3号室
第2回『認知症になっても安心して地域で暮らすには』
@「認知症の上手な付き合い方」
 あさひ病院リハビリテーション科 倉元科長(作業療法士)
A「知りたい!介護・医療サービス」
 あさひ病院 認知症疾患医療センター専従相談員 矢部主任(精神保健福祉士)

2016年04月22日

健康塾で講演を行いました♪

本日、石心会健康塾において、
『あさひ病院 認知症疾患医療センター指定1周年記念』
第1回「超高齢社会exclamation特別な病気ではない認知症」と題した講演をさせていただきましたペン

講師は、あさひ病院の認知症治療病棟で認知症看護認定看護師として専門性を活かして活躍中ぴかぴか(新しい)の佐藤主任と、あさひ病院のデイケアで歌って踊れるカラオケ作業療法士としてデイケアを盛り上げている角田センター長が務めましたわーい(嬉しい顔)

まずは佐藤主任が「認知症ってどんな病気?」という基礎的な知識の説明をして、角田センター長が「知りたいexclamation認知症予防」をテーマに受講者の皆さんが興味のある内容につなげて、説明をいたしました。
kennkoujuku.jpg

来週の月曜日には、
第2回「認知症になっても安心して地域で暮らすには」家を題目に、リハビリテーション科科長の倉元科長が、「認知症の上手な付き合い方」について普段の業務で培った経験を活かした講演を、認知症疾患医療センター専属相談員であり精神保健福祉士の矢部主任が、「知りたいexclamation介護・医療サービス」病院と題して、知っていると安心の各種サービスを説明いたします。

どの講演も、深くご理解をいただけるように分かり易い言葉を使うなど工夫を凝らしています耳。ご興味ある方、申込不要ですわーい(嬉しい顔)ゼヒいらしてください手(パー)
日時:平成28年4月25日(月)14:30〜15:30
会場:狭山市産業労働センター2階「異業種交流スペース」
定員:66名さま
応募:お申込み不要・参加無料

(なる)

2016年03月29日

医療介護ネットワーク研修会

認知症疾患医療センターでは先日、毛呂山町の毛呂病院認知症疾患医療センターと共に、地域の医療・福祉・介護機関の連携向上を目的に研修会を開催しましたぴかぴか(新しい)

『認知症地域医療・介護ネットワーク研修会』

幅広い地域より、医師や看護師や医療技術職など沢山の方々にご出席いただきました。
当センター長の大島久智先生と毛呂病院認知症疾患医療センターのセンター長である岡島先生による年度実績報告のほか、埼玉医科大学国際医療センターの高尾先生をお招きして「認知症の診断と治療」について講演をいただきました。聴き応えある内容で、とても勉強になりましたペン

研修会後にも他の医療機関の方とお話しをする機会があり、とても参考になったと同時に連携を深まるきっかけになると確信できましたわーい(嬉しい顔)。普段は自院での業務に明け暮れていても時には外に出て、他の関係職種の方々との情報交換は刺激になると感じた会でしたわーい(嬉しい顔)

写真 2016-03-18 19 49 59.jpg

(なる)

2016年03月09日

石心会健康塾講演案内―@

4月22日の金曜日に、埼玉石心会病院の石心会健康塾において講演を行います。

昨年4月に埼玉県から埼玉県認知症疾患医療センターの指定を受けて、はや1年わーい(嬉しい顔)
1周年記念である今回は、
『超高齢社会!特別な病気ではない認知症』
と題して、、、、

認知症治療病棟の佐藤主任(認知症看護認定看護師)が
認知症ってどんな病気?』を、

デイケアの角田センター長(作業療法士)が
『知りたい!認知症予防』の講演をいたします。

お申込み不要です。是非お越しくださいわーい(嬉しい顔)
2016年03月10日09時24分13秒.jpg

(なる)

2016年03月08日

狭山市認知症予防講演会

3月5日の土曜日に、狭山市市民会館 小ホールにおきまして『今日からできる認知症予防』と題してあさひ病院認知症疾患医療センターの大島久智センター長が講演をいたしましたペン

おおよそ370名が収容できる小ホールに立ち見が出来るほどの、沢山の方がお集まりくださいましたひらめき

主催の狭山市介護保険課の皆さんや、共催の狭山市市民大学同窓会の皆さんも、ついに満席にexclamationと、聴講者が年々増えてくるという実感が沸いていたそうです。センター長も、盛況に驚きながらも、市民の皆様により理解し易いように、お伝えする内容や言葉に工夫をしてましたわーい(嬉しい顔)。地域の認知症疾患医療センターとしての役割に、しっかりと取り組んでいかなければexclamation。皆さんの高い関心を目の当たりにし、そんな思いを強くできた講演会にもなりました手(グー)
IMG_0288.JPG

IMG_0279-1.jpg

(なる)

2016年02月25日

医療連携協議会

昨日あさひ病院認知症疾患医療センターでは、地域の福祉関係者や地域包括支援センターと行政職員を迎えて『医療連携協議会』を開催しましたぴかぴか(新しい)

昨年4月より埼玉県認知症疾患医療センターに指定を受けてのほぼ1年間。まずは当院センター長の大島院長より診療実績の説明をいたしました。続いて所沢市高齢者支援課・入間市東藤沢地域包括センター・狭山市富士見狭山台地域包括支援センター・石心会介護支援センターの職員より取組みの紹介や事例報告を発表いただきました。

2回目となる今回からはシンポジウム形式にして、シンポジストや出席者の会場全体で議論ができるように構成を工夫してみましたわーい(嬉しい顔)。その結果、議論を通じて各々の立場でのご意見もあり、これから連携をさらに深めていけるきっかけになる予感がしましたひらめき
DSC02221.JPG

司会の新副院長からは認知症のスケールである『1分間テスト』の紹介もいたしました。
DSC02220.JPG

最後に次年度に繋がるように協議会のテーマとシンポジスト募集のお願いをさせていただきましたグッド(上向き矢印)
ご希望がございましたら、センターまでご連絡ください。

最後にお忙しい最中に登壇いただきましたシンポジストの皆様、ありがとうございました。

(なる)

2016年02月04日

鬼は外〜、福は内!!

2月3日は節分の日です♪
昨夜は、鬼に扮してめでたく(?)退治されてしまったお父さんやお母さんもいたのではないでしょうかグッド(上向き矢印) 

今年もあさひ病院のデイケアでは、1年間病気知らずの健康を願いぴかぴか(新しい)豆まきぴかぴか(新しい)を行いましたわーい(嬉しい顔)

デイケアの鬼exclamation&questionといえば、毎年自ら進んで鬼に扮する角田センター長ですが、今年はもう一人仲間が加わり・・・・・、
IMG_0019.JPG
角田鬼と榎本鬼exclamation×2
鬼二人の迫真の演技は、皆さんを沸かせてくれますexclamation×2
IMG_0021.JPG
邪気溢れる鬼を退治すると、運気もそれだけUPする気がしますよねひらめき
ご利用者も皆様が放つ豆の霊力で見事exclamation鬼を退治しましたexclamation×2
IMG_0022.JPG

鬼を退治した後には、福さんの登場です。
IMG_0007.JPG
皆様の御多幸と御健康を、スタッフ一同願っていますわーい(嬉しい顔)
(なる)

2016年01月27日

認知症講演のご案内♪

あさひ病院認知症疾患医療センターから、認知症の予防講演会のご案内をいたしますわーい(嬉しい顔)

入間市で先日行いました予防講演会では、毎度ながら市民の方々の高い関心かわいいを実感しました。今回は狭山市市民会館での開催ペンです。

この機会に認知症の正しい知識を身に付け、生活習慣の見直しにも役立ててはいかがでしょうか?わーい(嬉しい顔)

『今日からできる認知症予防』

日時:平成28年3月5日(土)
   開場/12:30 開演/13:00〜15:00
会場:狭山市市民会館 小ホール
講師;あさひ病院 認知症疾患医療センター
   院長/センター長 大島久智先生

※定員360名の先着順(お申込み不要) 入場無料
2016年01月27日17時30分30秒.jpg
(なる)

2016年01月21日

入間市認知症予防講演会

入間市の中央公民館で、認知症疾患医療センターの大島センター長が講演いたしましたペン
お題は『認知症を正しく知り生活に活かそう』

『誰もが関わる可能性のある身近な病気』
(認知症施策推進総合戦略パンフレットより)である認知症は、本人や周囲の方々が正しい知識と理解を身に付けて向き合えるかどうかも重要ですかわいい

認知症の病気の種類や症状への理解、介助する方々へのアドバイス、予防につながるヒント等を理解し易い内容にまとめて、おおよそ80名の参加者に説明いたしましたるんるん

皆様熱心に時にメモを取りながら、聞き入っていらっしゃいましたグッド(上向き矢印)
3月には狭山市で市民対象の講座が開催予定です。詳細は追って当ブログでもご案内いたしますわーい(嬉しい顔)

DSC02063.JPG

DSC02060.JPG
(なる)

2015年11月30日

認知症サポーター養成講座開催

あさひ病院認知症疾患医療センターで、『認知症サポーター養成講座』を開講しましたわーい(嬉しい顔)

入院や通院中の患者ご家族や地域住民、介護福祉関係者など33名のご参加があり、熱心に聴講いただきました耳

小中学校や職域団体、趣味のサークルなど様々な御依頼をいただき、積極的に啓蒙活動を行っております。開催のご希望がございましたら、お気軽にご相談ください。

あさひ病院 認知症疾患医療センター 電話1(プッシュホン)04−2957−1202(矢部・内田)

DSC01790.JPG

DSC01794.JPG

(なる)

2015年11月12日

認知症疾患医療センター説明会開催(2回目)

先日、あさひ病院では「認知症疾患医療センター」の説明会を、近隣市の地域包括支援センターや医療・福祉関係者をお招きして開催しましたひらめき

10月に行いました説明会の2回目にあたるこの説明会、開催ご案内に多くのお申込みをいただきまして、会場の定員を大きく超えたために、2回に分けて開催したのですが、それでも満員でご出席者の皆さまには狭いと感じていらしゃったことと思いますあせあせ(飛び散る汗)
この場を借りてお詫び申し上げます。。

センター機能を果たすためには、地域の医療機関や医療福祉関係者や行政のご理解が必要不可欠ですひらめき。まだまだ認知度が低い中で、このような説明会をこれからも設けて、理解を深めていただき地域の認知症医療に役立てるように邁進して参ります手(グー)

認知症疾患医療センターへのご紹介等につきましては、
センター直通電話 電話/FAX 
   04-2957-1202
(祝祭日を除く月〜金、9:00〜17:00 ※FAXは24h受付)
にお寄せください。

IMG_9941-1.jpg

IMG_9958-1.jpg

(なる)

2015年11月11日

認知症キッズサポーター養成講座♪

先日、新座市栄小学校56年生の皆さんに、

『認知症キッズサポーター養成講座』

を受講していただきましたわーい(嬉しい顔)

認知症は、小学生にはあまり馴染みないかなグッド(上向き矢印)?と思っていましたが、こちらの小学校では地域の高齢者が授業や施設管理のボランティアとして日々校内を訪れていて、日頃から子供たちの身近な存在なんですって。
高齢者に対する理解が深いひらめきのは納得でしたわーい(嬉しい顔)

授業時間に合わせたカリキュラムで、ギュウギュウダッシュ(走り出すさま)に詰め込んだ内容となってしまいましたが、子供たちも一生懸命に学ぶ姿勢を見せてくれて、とてもやりがいのある講座となりました手(グー)

IMG_9995.JPG

熱心に耳を傾けてくれて、講師も熱が入ります手(グー)手(グー)
IMG_0001.JPG

IMG_0002.JPG

回を重ね、演技力もグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)の『あさひ劇団』わーい(嬉しい顔)
IMG_0005.JPG

サポーターの証『オレンジリング』を腕に付けてパシャリexclamation
IMG_0011.JPG
(なる)

2015年10月26日

第1回認知症疾患医療連携協議会

あさひ病院認知症疾患医療センターでは、近隣の5市の行政・介護福祉関係者を招いて『認知症疾患医療連携協議会』を開催しましたひらめき

在宅で療養している方々で医療介護を必要とする方の、受診までのコーディネートやマネージメントを行うケアマネージャーや行政の担当者との情報共有と意見交換は、切れ目のない医療・介護を提供する上で必要なことですぴかぴか(新しい)

今回は第1回目ぴかぴか(新しい)。まず認知症疾患医療センターとはどのようなことを行う機関であるかを説明してご理解いただきました。

質疑応答では出席者から、普段患者さまと接する上での疑問やセンターに対する期待など、様々なご意見等を聞くことができ、とても意義のある会になりましたわーい(嬉しい顔)
この会を通じて認知症の医療と福祉の水準の向上を図れるように、定期的な開催を予定していますかわいい

151019 センター連携協議会 16対9.jpg

(なる)

2015年10月19日

認知症サポーター講習を受講募集中

認知症の方にやさしく寄り添う良き理解者(認知症サポーター)になりませんか?わーい(嬉しい顔)

あさひ病院では、『認知症の人を単に支えられる側と考えるのではなく、認知症の人が認知症とともによりよく生きていくことができるような環境ぴかぴか(新しい)』(厚生労働省、新オレンジプラン)作りのため、認知症疾患医療センターの様々な役割に取り組んでいます。

その一環で『認知症サポーター養成講座』を、来月19日にあさひ病院内で開講しますexclamation

幅広い年齢の方々に受講いただき、地域全体で認知症の方を支え寄り添えるようになるよう啓蒙活動に注力して参りますexclamation×2手(グー)

写真 2015-10-14 11 47 37.jpg
受講者には、サポーターの証のオレンジリングを授与しまするんるん

詳しくは↓コチラをご覧ください。(画像をクリックすると拡大します)
0001.jpg

(なる)





2015年10月09日

認知症疾患医療センター 説明会

地域の医療・介護・福祉事業者を対象としたあさひ病院認知症疾患医療センターの説明を開催しましたぴかぴか(新しい)

センターの担当する狭山市・所沢市・入間市・飯能市・日高市の5市より、当初の予定定員を大幅に超えるお申込みをいただき、急遽日にちを分けての開催となりました。日にち変更のお願いを聞いてくださった出席予定の皆様には無理を申しまして誠に申し訳ありませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

まず、あさひ病院を知っていただくために病院についての説明に続き、今年1月下旬に厚生労働省から発出された『認知症施策推進総合戦略(☜新オレンジプランと呼ばれていますひらめき)』において認知症疾患医療センターはどのような役割を担うべきかのお話し、センターの活用についての説明を3部構成で説明をいたしましたわーい(嬉しい顔)

質疑応答では訪問看護師さんやケアマネージャーさんより沢山のご質問をいただき、またお配りしたアンケートにはご期待をうかがえる内容の記載も多くみられ、地域社会全体で認知症の方々を支える手ごたえ手(グー)を感じましたわーい(嬉しい顔)

認知症に関する講演や研修会などの情報発信をご希望するご意見も沢山いただきました。
ありがとうございましたるんるん

IMG_9952.JPG

IMG_9961.JPG
(なる)

2015年08月31日

埼玉西部認知症フォーラム

今日は9月19日に開催される、認知症の市民公開講座のご案内をしますひらめき
9月21日は、世界アルツハイマーデーってご存知でしたか?1994年の国際アルツハイマー病国際会議でアルツハイマー病等に関する認識を高め、世界の患者と家族に援助と希望をもたらす事を目的として宣誓、制定されました。
以来、各地でこの日には、様々な取り組みが行われてきましたわーい(嬉しい顔)

今回、石心会のご協力のもと、狭山市市民交流センターのコミュニティーホールにて、
『認知症の病態と治療』をあさひ病院認知症疾患医療センターの大島センター長が、
『認知症の看護』を日本看護協会認知症看護認定看護師の同センター3階西病棟科長の西村看護副部長、
『認知症のリハビリ』を同センターのリハビリ科の倉元科長が講演いたします。
埼玉石心会病院の青山筆頭副院長がナビゲーターを務めていただき、市民の皆様にご興味深い内容でお話しが出来ると思います。

先着240名ですが、沢山の方にお越し頂きたいと思います。尚寿会各事業所の受付にお申込み用紙がありますので、是非ご参加くださいるんるんるんるん

2015年09月02日12時59分56秒.jpg
(なる)

2015年06月24日

認知症サポーター講習♪

今週は狭山緑陽高校の学生さんを対象に、認知症サポーター講習を狭山市介護保険課と狭山市社会福祉協議会と柏原・水富地域包括支援センターと協同で行っています手(グー)

福祉課程を専攻している学生さんだけあって、とても素直に講義を受ける姿が印象的でしたわーい(嬉しい顔)
写真 2015-06-23 15 33 51.jpg

全2回の講義を修了し認知症サポーターとなったら、街で実際の場面に遭遇したら堂々と学んだことを活かしてくださることを期待していますっexclamation×2

(なる)