2013年10月17日

がんばっぺ!女川!

いよいよ明後日19日は毎年恒例の尚寿会フリーマーケットを開催しますイベント

開催日:平成25年10月19日(土)午前10時〜午後2時 ※雨天 10月20日(日)に順延
会 場:大生病院駐車場

店舗の他にも野菜の直売、お食事コーナー、ステージイベント、阿波踊り「いきいき連」などの企画が盛りだくさんですぴかぴか(新しい)
フリーマーケットの中で、事務部一同では震災復興支援市を出店する予定ですひらめき
平成23年3月の東日本大震災で壊滅的な津波被害を受けた宮城県女川町の物産品を販売しますダッシュ(走り出すさま)
販売する物産品、復興支援グッズは笹かまぼこ、さんまそぼろ、わかめスープ、キーホルダーなどなどかわいい
ご近所もお誘いの上、ぜひご来場下さいわーい(嬉しい顔) (熊☆)

商品一覧表(女川).xls_2_0001.jpg



posted by   at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 復興支援

2013年04月18日

女川カレー☆

尚寿会職員で一括購入した女川カレーのスパイスが大量に届きましたレストラン
事務所がカレーの臭いで充満ふらふらあせあせ(飛び散る汗)
スパイスなので調理が簡単ではありませんが、たくさんの職員の方からの注文がありましたぴかぴか(新しい)
何らかの形で復興の力になりたいと思っている職員が多いことを本当に実感していますグッド(上向き矢印)
今回スパイスを購入した宮城県女川町の企業ディル・セ・おながわ鰍ゥらは御礼の手紙を頂きましたるんるん
間違いなく私達の気持ちは遠く離れた女川まで届いていますダッシュ(走り出すさま)
出来ることは限られていますが、今後も尚寿会として貢献出来ることを考えたいと思いますかわいい (熊☆)
IMG_0844.JPG
posted by   at 11:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 復興支援

2013年03月24日

東日本大震災復興支援

平成23年3月23日(土)に狭山市民総合体育館にて「東日本大震災復興支援チャリティーイベント狭山大会Vol.2」が開催されました。多くの方々がまだまだ大変な思いをしています。可能な事はどの様な事でも、継続して皆で行っていかなければなりません。狭山市長をはじめ、多くの行政からの方々も支援にいらしておりました。当法人も微力ながら協賛をさせて頂きました。沢山の方々に元気とパワーをということで、全日本プロレス、多くのアーティストの方々が汗を流し、心から復興を願っていました。
IMG_1859.JPG
IMG_1900.JPGIMG_1898.JPG
IMG_1868.JPG
posted by   at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 復興支援

2013年03月22日

尚寿会として出来ること 〜復興支援〜

尚寿会では東日本大震災での被害が大きかった宮城県牡鹿郡女川町の名産品「女川カレー」の購入を職員の皆さんに呼びかけてきました。今日までにカレースパイス調理セット279個分の申し込みがありました。法人として微力ながら復興の支援をしたいという気持ちにとても多くの職員が共感してくれた結果だと思います。私達1人1人の力は小さいけれど、力を合わせればそれは大きな復興への力になることを身をもって実感しました。必ず気持ちは女川町まで届くと信じています。
遠く離れた被災地ではまた避難区域が解除される地域もあるようです。今まで避難区域として人々が足を踏み入れなかった土地では行方不明者の捜索も満足に行われず2年前から時間が止まっています。私達の出来ることは限られていますが、震災を風化させることのないよう今後も出来る範囲での活動を続けたいと考えています。ご協力ありがとうございました。 (熊☆)
DSCF0682.JPG
posted by   at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 復興支援

2013年03月11日

★女川カレーの日★

二年前の今日、東日本大震災が発生しました。
被害の甚大だった地域では想定外の津波で数多くの人々が命を落としました。
宮城県牡鹿郡女川町もその一つ、町は山間部を残して殆どが壊滅状態となりました。
震災直後、鎌倉のスパイス会社が被災地を訪れカレーの炊き出しを行いました。
その後「いつか復興という言葉が忘れられても女川の名前が残るように」と願いを込めて、女川の人々と鎌倉の人々が名産作りに動きだしました。
今日はその女川カレーを職員みんなで食べました。
遠く離れた私達尚寿会の出来ることは限られていますが、少しでも復興の力になれたらと考えています。
昔懐かしい味のカレーは職員みんなが笑顔になれて、きっと気持ちは女川町まで届くと信じます。 (熊☆)

DSCF0620.JPGDSCF0613.JPGDSCF0622.JPG
posted by   at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 復興支援