2014年01月07日

節電プロジェクト!

年が明け、少しずつ正月ぼけから仕事モードに切り替わりつつある今日この頃ですふらふら
今日は本当に寒いです雪
狭山の朝は見事に氷点下を記録していましたがく〜(落胆した顔)
そんな日でも散策路の尚寿の足湯は白い湯気の元、温まりにくるご利用者さんで賑わっていましたいい気分(温泉)

話が少しそれましたが、節電と聞くと夏のイメージが強くありませんか?
しかし、実は電力需要は夏よりも冬の方が高く、しかも1月の月間使用量が年間で最大になるそうです。

そんな冬だからこそ改めて節電の意識を高める必要がありますねわーい(嬉しい顔)
尚寿会ではここ数年オンデマンドの導入などで節電を実施しており、
今までも広報誌やブログでも活動の様子や具体的な取り組みを紹介させていただいておりますひらめき
愛でも衛生委員会を中心に節電活動を実施しており、
先日、日本テクノ(株)のエコプランナーを講師にお招きし、職員対象にした研修を行いました。
DSCF5005.JPG

研修では一般家庭と企業の電力供給の仕組みについてやどのようなときに電力が使われているかを詳しく説明していただきました。
節電というとどうしても「我慢」という言葉が先行してしまいがちですが、研修会を通じて教えていただいたことは電力システムを良く理解すれば「賢い省エネ」ができるということですパンチ
病院や施設は24時間、患者様や利用者様が生活しています。ご利用の方が不便を感じないような節電をすることが求められます。
DSCF5006.JPG
普段から階段を使用するなどの健康と節電の両立はもちろん、少しゲーム感覚でどのエアコンを調節すれば節電ができるかなど、今後は楽しみながらも節電をするという試みを少しずつ実践していきたいと思います。
(なみ)





posted by   at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 老健 愛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/84776729

この記事へのトラックバック