2019年08月26日

8月尚寿会ネットワーク勉強会

2019年8月23日(金)に尚寿会ネットワーク勉強会を行いました。
今回の勉強会のテーマは『骨の健康を考える、骨粗鬆症について』『外来リハビリの適応と目的 〜健康寿命延伸を目指して〜』、発表者は大生水野クリニック 副院長 整形外科医師 大森茂樹と大生水野クリニック 理学療法士 遠藤智之でした。
参加された方々から骨粗鬆症を理解できたexclamation勉強になったとの意見がきかれました。
勉強会では皆様のスキルアップに繋がるような発表を行っています。
雨天候が悪い中尚寿会ネットワーク勉強会にお越しいただき、ありがとうございました。

1566819983647.jpg 1566820071887.jpg

次回イベント開催です。
2019年9月23日(金) 16:00〜17:00(受付 15:30〜)
場 所:社会福祉法人尚栄会 福寿の里 ひこばえホール
発表テーマ・発表者:「西部地区各市における認知症初期集中支援チームの現状と課題」
       西部地区各市の認知症初期集中支援チーム市担当者及びチーム員の方
         @事業開始時期 A延べ件数 B活動状況 C課題を発表
       ※2019年第2回認知症疾患医療連携協議会も兼ねております。
わーい(嬉しい顔)多数の参加をお待ちしております。

ko
posted by   at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186474905

この記事へのトラックバック