2018年12月11日

大生病院お楽しみメニュー

12月11日(火)大生病院お楽しみメニュー

・天丼
・三色生酢
・清汁(麩・三つ葉)
・デザート(だいだいのムース)

20181211.JPG

今日は「天丼」を大生病院お楽しみメニューにて実施いたしました。
天丼の起源にはいろいろな説がありますが、江戸時代末期から明治時代に誕生したと考えられています。比較的安価で食べられるため、古くから親しまれてきました。
伝統的な江戸前天丼は、揚げたての天ぷらを煮立てた丼つゆにくぐらせてご飯に乗せますが、今日は一般的なご飯に天ぷらを乗せて丼つゆを回しかけるスタイルの天丼をご用意しました。
具材はエビ2本、ピーマン、しいたけです。
まだまだ寒い日が続きます。3食しっかり食べて、生活リズムを整えましょう。

※エビが2本の天丼は蕎麦屋の天丼風です。蕎麦屋の天丼は、天ぷらそばと同じでエビを2本乗せるのが通例だそうです。
(栄)
posted by   at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185233066

この記事へのトラックバック