2018年01月04日

年頭のご挨拶

 ぴかぴか(新しい)明けましておめでとうございます。地域の皆さま、尚寿会をご利用の皆さま、本年もよろしくお願い申し上げます。
 元旦から晴天晴れに恵まれ総合リハビリセンターから見える富士山を眺めながら、理事長の年頭挨拶で今年も仕事始めがスタートしました。
 2025年に向けた医療介護ニーズ増大への対応体制構築のために、今年度の医療介護同時改定が行われます。それに伴い医療介護業界では様々な変化があります。
 理事長の年頭の挨拶では常に「誰のために何のために」を考えて地域に貢献する事業を展開して行きたいとのことです。我々職員一同は職員心得12ヶ条を熟知して一丸となって変革の年を乗り切っていきたいと思います。そして、これからの超高齢化・少子化社会の中で、「亜急性期・慢性期医療・在宅」を担う医療機関として、今以上に信頼され安心な医療を提供していかなくてはならないと決意を新たにしました。
 今年の3月にはいよいよ特別養護老人ホーム福寿の里がオープンします。この地域で暮らせて本当に良かったなと思える施設を運営してまいりたいと思っております。
 医療法人尚寿会『信頼と愛とで築く地域医療』・社会福祉法尚栄会『思いやりで支える地域福祉』『幸せであったと思える生涯を真剣に支えます』『尊厳を守りその人らしくあることを全ての基本に考えます』の理念のもと、地域の皆さま、関係機関の皆さまのご協力を得て今年も尚寿会・尚栄会は躍進してまいる所存です。

IMG_3708s.jpg IMG_3709s6.jpg
IMG_3718s2.jpg IMG_3716s4.jpg
IMG_3715s3.jpg IMG_3713s5.jpg
ko
posted by   at 11:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182032094

この記事へのトラックバック