2017年09月27日

第5回尚寿会ネットワーク勉強会

ひらめき今回のテーマは、改正道路交通法について、「制度の説明」を埼玉県警察本部交通部運転免許本部運転免許試験課の江原課長補佐から、「現状を踏まえて」をあさひ病院認知症疾患医療センター長の大島久智先生からご講演をいただきました。
この度の尚寿会ネットワーク勉強会は、平成29年度第1回認知症医療連携協議会も兼ねており、医療機関からも多数参加されました。
平成29年3月12日から、改正道路交通法が施行され、新しい制度がスタートしました。主な改正点の一つとして「高齢運転者対策の推進」です。75歳以上の運転者が免許の更新のときの認知機能検査で「認知症のおそれあり」と判定された方に医師の診断が義務化されました。
大島センター長から、認知症で安全に運転することが次第に難しくなるということを本人を含めて家族で話し合い、自主返納していただくことが最良だと話しておりました。
右斜め下次回の開催は、平成29年10月24日(火)16:00〜17:00です。発表内容は、社会福祉法人尚栄会「特別養護老人ホーム 福寿の里」についてです。多数の参加をお待ちしております。
IMG_3606.JPG IMG_3608.JPG
ko

posted by   at 13:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181124757

この記事へのトラックバック