2017年08月22日

第4回尚寿会ネッワーク勉強会

IMG_2645.JPG
ひらめき今回のテーマは「尚寿会における音声嚥下外来〜摂食嚥下障害への対応を通して〜」でした。発表者は、大生水野クリニック大前院長と大生病院リハビリ科 言語療法士 藤井主任です。
摂食・嚥下障害は、栄養障害や肺炎の発症など生命予後に直結し、また、介護負担の増大にも繋がるため家族や介護者にとって見逃せない病気です。
ケアマネージャーさんや近隣の医療機関のセラピストさんが多数参加していただき、皆さん熱心に聞いておられました。
尚寿会では、大生水野クリニックの大前院長が中心になって、摂食嚥下機能の評価と訓練指導・摂食指導を行っています。音声嚥下外来に関するご相談は尚寿会地域連携情報管理室(04-2957-1149)までお問い合わせください。
尚、摂食嚥下症例検討会を毎月第一水曜日(変更あり)17時から大生水野クリニックで大前院長を中心に行っております。近隣の医療機関や施設の方で症例を持ち寄って検討したい方がおられれば、歓迎いたします。
右斜め下次回の第5回尚寿会ネッワーク勉強会は9月25日(月)午後4:00からです。発表内容は『改正道路交通法について』です。埼玉県警の運転免許試験課の江原課長補佐より、制度の説明や認知症疾患医療センターの大島先生より現状についてお話ししていただきます。
多数のご参加をお待ちしています。
ko


posted by   at 08:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180754032

この記事へのトラックバック