2016年07月05日

山王小学校の介護体験

老健愛に元気な小学生たちの声がひびきましたexclamation×2
狭山市にある山王小学校から介護体験という形で小学4年生の生徒、その数なんと67名と引率の先生方がきてくれました揺れるハート
大勢で来てくれたためそれぞれ、通所リハビリ、1階、2階とに分かれての介護体験でするんるん

元気な挨拶からはじまり、「チャレンジ」の合唱!それぞれ個別に分かれて昔懐かしい遊びをご利用者様と一緒に楽しみました。
P1110934.JPG
P1110940.JPG
P1110955.JPG
小学4年生は10歳exclamationかたやご利用者様方は平均年齢でも80歳を超え、中には100歳を超える方との交流は非常に貴重で刺激を与えていただくことができましたぴかぴか(新しい)
P1110957.JPG
P1110958.JPG
P1110967.JPG
P1110970.JPG
P1110979.JPG
P1110980.JPG
P1110986.JPG
子ども達と触れ合う利用者様には自然に笑顔があふれ、ほほえましい光景がみられましたわーい(嬉しい顔)
現代社会において核家族化が進み、身近に高齢者がいない時代になり、高齢者と子どもとの交流が希薄になっています。高齢者社会の介護問題は深刻で介護施設だけではこれからの時代まかないきれなくなっています。ご自宅で介護する機会を、職業として介護を選べるように。自分たちが高齢者のためにできることを考える。介護体験は非常によい試みと感じました。これからも尚寿会としても介護、看護体験を通して介護看護の魅力、高齢者との交流機会などを提供していけたらと思います。
モータースポーツ
posted by   at 16:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 老健 愛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175951956

この記事へのトラックバック