2014年11月07日

愛・通所リハビリの川越散策♪

10月30日(木)に老健 愛の通所リハビリのクラブ活動の一環として川越散策にでかけてきました電車
愛の通所リハビリでは様々なクラブ活動が発足し、それらを利用者さん中心に進めていただいておりますわーい(嬉しい顔)
その中でも、今日紹介するのは【友愛クラブ】というクラブです。
友愛クラブとは、写真や絵等の好きな方の集まりで、近所の花や旅行にいかれた際の写真、好きな絵画についてクラブで話をしたり出かけたりと活動をしていますぴかぴか(新しい)

今回、クラブ活動として利用者さんが中心に計画、立案をしていただいたのが『秋の川越散策』です揺れるハート
計画はなんと1年も前から話合いをもち、移動手段や観光地、時間割について意見を出し合ってきましたexclamation

順路としては狭山市駅〜本川越駅まで電車で移動し、本川越駅からはバスにて移動をしてきました。
DSCF6050.JPG

駅では駅員さんに車椅子での移動にスロープを出していただきました新幹線
DSCF6058.JPG

川越の移動のバスではノンステップのバスなんかもあり、少しずつ車椅子の方にも優しい街づくりが進んできているのが実感できましたわーい(嬉しい顔)

川越といえばexclamation時の鐘ぴかぴか(新しい)利用者さんもカメラ片手に記念撮影ですカメラ
【利用者さんが実際に撮られた写真です】
DSCF1087.JPG

DSCF1090.JPG

【記念撮影】
DSCF6062.JPG


時の鐘を見学した後は、川越名物のうな重を堪能ビール有名な駄菓子屋横丁にて町並みの写真撮影や散策を楽しみましたるんるん
DSCF6066.JPG

DSCF6076.JPG

DSCF6086.JPG

お天気にも恵まれ、タイムスリップしたかのような小江戸川越を満喫され、駄菓子屋横丁では昔を懐かしむ様子がみられました。帰ってきたときの皆さんの笑顔がすがすがしく、充実したお顔されたいたのが印象的でしたぴかぴか(新しい)
実際に利用者さんからは「本当に楽しかった」「外出したことで自信がついた」「うな重がとてもおいしかった」などの声をいただき、無事に企画が終えたこと、それにも増して達成できたことを何よりうれしく思いますひらめきこれからもどんどん町、社会に出て行っていただけるよう愛通所リハビリでは支援していきたいと思っておりますわーい(嬉しい顔)
(なみ)
posted by   at 10:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 老健 愛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105343996

この記事へのトラックバック