2019年05月31日

2019年5月尚寿会ネッワーク勉強会(あさひ病院認知症疾患医療センター医療連携協議会)

5月31日(金)に令和最初の尚寿会ネッワーク勉強会を行いました。ぴかぴか(新しい)
尚寿会ネットワーク勉強会は、平成28年8月から地域に向けた情報発信の一環として継続的に開催し、今年4月までに計28回、参加者延べ人数が1,500人を数える規模の地域連携会として成長してきました。これもひとえに皆さんのお陰と感謝しております。
これからも、皆さんがお越しいただけるような様々な企画をご用意致しますので、ご来場をお待ちしております。
今回の勉強会は、あさひ病院認知症疾患医療センターの医療連携協議会を兼ねて開催しました。認知症疾患医療連携協議会は、関係職種の皆様と認知症に関する情報共有をする事、地域の認知症に関する支援体制の推進を目的としています。
53施設94名の方にご参加いただき、あさひ病院会議室で行われた勉強会では過去最高の出席者数でした。
ありがとございました。

【発表内容/発表者】
『認知症の看護〜生活環境を考える〜』 あさひ病院 認知症認定看護師 西村 由美子

【閉会の挨拶】
あさひ病院認知症疾患医療センター センター長 新 弘一 

【司会進行】
あさひ病院 地域連携情報管理室 矢部
 大生病院 地域連携情報管理室 大畑

9960032329817.jpg IMG_4409.JPG

IMG_4410.JPG IMG_4413.JPG
ko
posted by   at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より