2018年10月02日

RUN伴に参加しました!

9月23日(日)、今年も尚寿会がRUN伴2018に参加しました!わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

★RUN伴とは・・・?
認知症の方や家族、支援者、一般の方がリレー(マラソン)をしながら
一つのタスキをつなぎゴールを目指すイベントです。
認知症の方と一緒に、誰もが暮らしやすい地域を創ることが目的とされている全国的なイベントです。

そんなRUN伴に、総勢34名の尚寿会スタッフが参加し、タスキを繋ぎました!ぴかぴか(新しい)
IMG_0936.JPG

尚寿会スタッフは“所沢ルート”を担当し
スタート地点のあさひ病院を出発して、タスキを繋ぎながらゴールの航空公園を目指しました。
ランナーは、年齢も運動の得意・不得意もさまざまでしたが
地域の方々の応援に元気をもらい、無事全員が笑顔でゴールすることができました!

IMG_0943.JPG

走るだけではありません。
RUN伴の実行委員として尚寿会スタッフが参加しており、
開催までの準備や当日の運営・サポートを担当しておりました!

参加者の皆さん、運営スタッフ、応援してくださった地域の方々・・・
多くの方々の支えがあって、ゴールすることができたと思います。

皆さまと絆を深めることができたRUN伴でした晴れ


いっしー
posted by   at 09:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尚寿会より

大生病院お楽しみメニュー

10月2日(火)大生病院お楽しみメニュー

松茸ご飯
金目鯛の煮付け
炊き合わせ
デザート(お米のムース)

20181002.JPG

10月2日(火)今からが旬の松茸ご飯を大生病院お楽しみメニューにて実施しました。
松茸は独特の強い香りを持ち、日本においては食用キノコの最高級品です。
日本のキノコ食文化の歴史は古く、縄文時代中期の遺跡から、キノコを食物として利用していたことを示す遺物が多数発見され、『万葉集』には松茸の短歌が載っています。
江戸時代になると一般大衆も松茸を食していたことが江戸時代の料理本『本朝食鑑』に記録されています。
日本では一般に香りが良いとされ「香り松茸 味しめじ」という言葉があるほどです。土瓶蒸しや松茸ご飯など、香りを生かして食べることが多い食材です。
今日はお米と一緒に炊き込み、松茸ご飯にしました。
是非この時期にしか体験できない季節の香りと味わいをご自宅でもご堪能下さい。
(栄)
posted by   at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大生病院